西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

「村八分」問題 勧告への対応結論出ず 自治区で会合「周知に時間必要」 [大分県]

 母親の介護のために県北地域の古里にUターンした男性(68)に「村八分」のような扱いをしたとして県弁護士会から是正勧告を受けた自治区は12日夜、住民十数人を集めた会合を開き対応を協議したが、結論は出なかった。男性の自治区加入を認めることなどを求めた弁護士会勧告書の内容を住民が閲覧・共有することにとどめ、対応は今後協議していくことになった。

 関係者によると、非公開だった会合では、住民からは「村八分なんかしちょらん。県弁護士会は区長にも住民にも直接聞きに来ていない。忙しいならわしらが行くとお願いもしたが駄目だった。住民の声に耳を貸さず、一方的すぎるのではないか」「男性には再三、もう少しうまくつきあった方がええと言ってきた。聞く耳を持たんかったんは男性だ」などと、県弁護士会の対応や男性を非難する声が出たという。

 「自治区に入れるか、入れんか、自治区を解散するか、三つしかない。加入させるなら解散するしかない」との強硬論や「自治区名を公表し、世間の皆さんに本当の事情を知ってもらうことも方法なのでは」との意見もあったという。

 区長の男性(60)は「会合に参加してない住民もいるので十分に周知する必要がある。結論を出すには時間がかかる」と話した。

=2017/11/14付 西日本新聞朝刊=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]