タカ・佐藤元コーチが日田で支援者と交流 [大分県]

支援者と酒を酌み交わす佐藤義則さん(左)
支援者と酒を酌み交わす佐藤義則さん(左)
写真を見る

 2017年シーズンに日本一を達成したプロ野球・福岡ソフトバンクホークスで3年間1軍投手コーチを務めた佐藤義則さん(63)が3日、日田市内の飲食店で支援者たちと交流した。

 佐藤さんの妻が同市出身という縁で、後援会「義さん会」が30年前から定期的に交流会を開催している。この日は約30人が集まり、佐藤さんは野球談議に花を咲かせたり、サインや記念撮影に応じたりした。今季から楽天の投手コーチに就任する佐藤さんは「ホークスでは若い投手を育てることができた。新天地でも日本一を目指して頑張りたい」とあいさつした。

 福岡市早良区から家族と訪れた柴田侑樹(ゆうき)くん(10)は「速い送球のこつを教えてもらった。ソフトボールチームに所属しているので試合で試してみたい」と話していた。

 佐藤さんはオリックスで活躍した元投手。大リーグで活躍する田中将大投手や、ダルビッシュ有投手らを育てた名伯楽として知られる。

=2018/01/10付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]