6候補地に絞り込む 日田市 新清掃センター年度内に決定へ [大分県]

建て替えが決まっている日田市清掃センター
建て替えが決まっている日田市清掃センター
写真を見る

 施設の老朽化で建て替えが決まっている日田市清掃センター(同市緑町)の新施設の建設候補地について市は公募した土地1カ所を含む計6カ所に絞り込んだと発表した。今月下旬までに有識者などでつくる候補地の選定委員会が、6カ所の周辺環境などを総合評価した上で点数化し、順位を付けて原田啓介市長に報告。本年度内に原田市長が建設予定地1カ所を決める。

 候補地は、現在の清掃センターがある緑町の他、山田原(清水町)▽萩尾(北友田、二串町、君迫町)▽山田奥谷(山田町)▽町野原(松野町)▽上野(上野町)。上野候補地は地元自治会が市の公募に応じた。

 選定委は敷地面積2ヘクタール以上で平たんな土地が確保でき、市中心部からおおむね半径10キロ以内などの条件や、評価基準に沿って候補地を絞り込んだ。

 新清掃センターの焼却処理能力は1日60トンを想定。現施設にない、ペットボトルや缶などを選別して圧縮、梱包(こんぽう)する「リサイクルセンター」も併設予定。市は2023年度の稼働を目指す。

=2018/01/13付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]