サンウルブズ28日から別府市で合宿 練習公開、ファンサービスも [大分県]

 世界最高峰のラグビーリーグ「スーパーラグビー」に参戦している日本チーム「サンウルブズ」を運営するジャパンエスアール(東京)は18日、同チームが別府市で予定している2018年シーズンに向けた第一次合宿を28日から2月2日まで実施する、と発表した。

 合宿の練習場は同市鶴見の実相寺多目的施設を中心に3カ所を予定する。28日をのぞき、一般市民が練習の様子を見学でき、練習後にはファンサービスも計画している。別府合宿後は、北九州市に移動し、2月2~8日に合宿し、東京に戻って同24日の開幕戦に備える。

 練習は非公開になる場合もある。詳細な日程はサンウルブズのHPで随時公開する。別府市文化国際課は「トッププレーヤーを目前で見ることができるまたとないチャンス。期間中一度は足を運んでほしい」と話している。

=2018/01/19付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]