「木レンジャー」小学生6人組デビュー 日田市 [大分県]

杉の板に何人乗れるかというクイズの正解を実演する木レンジャー。「6人乗っても大丈夫」
杉の板に何人乗れるかというクイズの正解を実演する木レンジャー。「6人乗っても大丈夫」
写真を見る

 「日田の木と暮らしのフェア」では、木の魅力を伝えようと日田市立石井小3年の6人で結成した戦隊ヒーロー「日田木(もく)レンジャー」が“デビュー”した。

 木レンジャーは、高村虎志郎(こじろう)君、相垣優太君、梶原海青君、坂本幸祐君、朝井妃彩(ひいろ)さん、森山葉叶(わかな)さんで結成。ステージにさっそうと登場した6人はポーズを決めた後、木に関する知識を問うクイズを出した。「日田の人工林は何%か」「杉の板は子どもが何人乗ると折れるでしょう」などの問題が出るたびに、集まった人たちは頭を悩ませながら手を挙げてクイズに答えていた。

 「緊張したけど、みんなが楽しんでくれたので活動を頑張りたい」と声をそろえた6人。「また会おう」と手を振って会場を去り、次のイベント出演を誓った。

=2018/02/08付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]