天ケ瀬駅盛り上げ 市民団体へ感謝状 JR九州大分支社 [大分県]

写真を見る

 JR九州大分支社(大分市)は、日田市天瀬地区の玄関口である天ケ瀬駅の環境整備に尽力したとして、地区の魅力を発信する活動に取り組む市民グループ「あまがせ276GO」(柴中和江代表)に感謝状を贈った=写真。

 同駅では2009年から、駅周辺の住民たちが、JR九州の観光特急列車「ゆふいんの森」などの乗客に手を振るおもてなしを始めた。グループはこの活動に参加し、昨年11月に駅を拠点に実施したJR九州ウオーキングでは、コース選定や事前準備などにも協力した。贈呈式は22日に駅に併設されている「あまがせ観光案内所」であり、地域住民の代表として、グループへ感謝状を贈った。

 昨年の九州豪雨で日田市の久大線鉄橋が流失。ゆふいんの森は迂回(うかい)運行中で、同駅には来ていない。兵藤公顕支社長は贈呈式で「今年7月の復旧に合わせて、ゆふいんの森は戻って来ます。歓迎をお願いします」と呼び掛けた。柴中代表は「地域のため、これからも駅を盛り上げたい」と決意していた。

=2018/02/25付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]