ミニトレイン運行開始 玖珠町の豊後森機関庫公園 家族連れなどに人気 [大分県]

玖珠町の豊後森機関庫公園で行われているミニトレインの運行
玖珠町の豊後森機関庫公園で行われているミニトレインの運行
写真を見る

 玖珠町帆足の豊後森機関庫公園で、今年もミニトレインの運行が始まり、家族連れなどの人気を集めている。11月まで日曜に運行される。

 運行は地元の「豊後森トレインクラブ」(穴井裕康会長)が2016年から実施。1周約320メートルの専用コースを5分ほどで回る。これまでに8200人を超える人たちが、国の登録有形文化財の同機関庫や展示中の蒸気機関車(SL)、遠くの伐株(きりかぶ)山の眺めを楽しみながら乗車している。同公園は現在、機関庫内の線路敷設、芝生広場の整備などが進められている。

 ミニトレイン運行は原則、毎日曜の正午~午後4時。5月4、5日は午前10時~午後4時に特別運行する。乗車には施設維持協力費200円が必要。

=2018/04/15付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]