「手作りカヤック」で冒険の旅へ 日田市の堀内さん カナダ西岸の群島周辺900キロ [大分県]

冒険で使うテントなどを確認する堀内信也さん
冒険で使うテントなどを確認する堀内信也さん
写真を見る
壮行会に集まった友人たちに冒険の日程を話す堀内さん(右)=6日
壮行会に集まった友人たちに冒険の日程を話す堀内さん(右)=6日
写真を見る

 日田市でカフェを経営する堀内信也さん(51)が11日、カナダ西岸の群島「ハイダ・グワイ」周辺の海を手作りのカヤックで一周する冒険に出発する。6日に壮行会があり、知人や友人から激励を受けた。

 堀内さんはハイダ・グワイにある世界遺産のトーテムポールを見るために冒険に挑む。カヤックをこぐ距離は約900キロに上る。

 体力づくりのため、休日を利用して日田市から九州を細切れに歩いて縦・横断するトレーニングを続けていたが、今年2月までに達成。その後も、同市の三隈川でカヤックをこぐなどして努力を積み重ねてきた。

 インターネットのクラウドファンディングで募った冒険資金は52人から29万1千円が集まり、その他にも激励の気持ちを込めた多くの支援が寄せられた。壮行会で「無事に帰って来て」と励まされた堀内さん。出発を前にして「ワクワクする気持ちや緊張、不安があるけれど、必ず成功させて帰って来る」と誓った。

=2018/05/11付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]