川面滑るボートに歓声 日田・三隈川で大会 男女26チーム、息合わせオール漕ぐ [大分県]

三隈川を軽快に進むボート。参加者は息を合わせてオールをこいだ
三隈川を軽快に進むボート。参加者は息を合わせてオールをこいだ
写真を見る

 日田市の日田温泉旅館街沿いの三隈川で13日、「第11回水郷ひた三隈川ボート大会」(実行委員会主催)があった。同市内を中心に男女26チームが参加。時折雨が降る中、参加者は息を合わせてオールをこいで、近づく夏を感じていた。

 大会はボート競技を楽しんでもらい、三隈川を中心とした水郷日田をアピールしようと、毎年開催している。2019年には同市で「全国市町村交流レガッタ」が開かれる予定で、今年はその機運を盛り上げようとの思いも込めた。

 5人乗りのナックルフォア艇で、銭渕橋付近から下流へ約300メートルのコースを2回こぎ、合計タイムを競った。川面を滑るように進むボートに、川岸で見学していた観光客らも声援を送っていた。

 かじ取り(コックス)として参加した佐藤公臣さん(77)は「気持ちよくレースができた」と充実した表情で話していた。

=2018/05/14付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]