国内最大?131・5センチのオオサンショウウオ 「肥満には気を付けます」 [大分県]

道の駅「いんない」で飼育されている国天然記念物のオオサンショウウオ
道の駅「いんない」で飼育されている国天然記念物のオオサンショウウオ
写真を見る

 国特別天然記念物オオサンショウウオの九州唯一の自然生息地とされる大分県宇佐市院内町の「道の駅いんない」で4日、2005年から飼育されている個体の測定会があった。結果は体重25・05キロ、全長131・5センチ。体重も体長も国内で飼育されている個体の中で最大だという。

 道の駅の個体は04年3月、町内の水路でけがをした状態で発見された。文化庁の許可を取り、特注の水槽で手厚く育ててきた。

 すくすく成長したのはいいけれど、体重が増えすぎると短命になりやすいともいわれる。井福義隆駅長(68)は「長く愛されるよう肥満には気を付けます」。

=2018/07/05付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]