プロレス団体が日田の施設慰問 大分市のFTO [大分県]

はぎの園で利用者と交流するFTOのメンバーら
はぎの園で利用者と交流するFTOのメンバーら
写真を見る

 大分市を拠点に活動するプロレス団体「プロレスリングFTO」のレスラーらが7月31日、日田市の高齢者や障害者の施設など約10カ所を訪れ、利用者や入所者と触れ合った。

 8月19日に同市中城体育館で開かれる「復興チャリティー大会」のPRも兼ねた、同団体の地域貢献活動。同市石井の障害者支援施設「日田はぎの園」には、代表のスカルリーパー・エイジさんや上田馬之助さん、同団体の活動を応援する同市出身のタレントきどゆういちさんらが訪問した。

 集まった職員や利用者約100人を前に、スカルリーパー代表が「まだ被災の跡が残る日田をプロレスで元気にしたい」とあいさつ。胸囲が130センチという上田さんが、施設職員を相手に力強い技を披露すると、利用者から歓声が上がった。同施設にはチャリティー大会への招待券も贈られた。

 大会は午後3時開場、同4時に試合開始。前売り3千円(当日3500円)、高校生500円、中学生以下無料。収益の一部は市に寄付する。

=2018/08/07付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]