スマホ使い観光地巡り 日田・玖珠地域で「GPSポイントラリー」 観光客呼び込み、動向分析も [大分県]

設定された観光スポットの一つ、日田市の咸宜園跡
設定された観光スポットの一つ、日田市の咸宜園跡
写真を見る
GPSポイントラリーのチラシ
GPSポイントラリーのチラシ
写真を見る

 秋の行楽シーズンを迎え、昨年の九州豪雨の影響で宿泊客のキャンセルなどが相次いだ日田市や玖珠町、九重町の県西部地域に観光客を呼び込もうと、県と3市町の観光関係者でつくる「日田・玖珠地域観光対策協議会」は9月から、スマートフォンを使って観光名所などを巡るスタンプラリー「GPSポイントラリー」を始めた。11月末まで。

 参加者は、イベントチラシに掲載された二次元コードを読み取り参加登録。3市町に設定した22カ所の観光スポットを巡ったり、現地でクイズに答えたりしてポイントをためると、「日田梨」「九重“夢”ポークしゃぶしゃぶセット」「玖珠米」など各地の特産品が当たるゲームに参加できる。特産品が当たらなくても、ポイント交換所に行けば各地の天然水などがもらえる。

 設定した観光スポットは、日田市が小鹿田焼陶芸館▽咸宜園跡▽日田祇園山鉾会館▽鯛生金山-など8カ所。玖珠町が豊後森機関庫公園▽久留島武彦記念館▽慈恩の滝-など7カ所。九重町がタデ原湿原▽菅原天満宮▽JR恵良駅-など7カ所。ポイント交換所は、道の駅の「水辺の郷おおやま」や「童話の里くす」、「九重町ふるさと館」など8カ所。

 企画した県西部振興局によると、県西部地域は、2016年の熊本地震や昨年の九州豪雨の影響で観光客が減少。現在は韓国などからの外国人観光客は増えているが、福岡都市圏を中心とした国内客は回復していないという。

 今回のイベントは、レンタカーを使った福岡都市圏などからの観光客を主なターゲットにしており、二次元コードが記載されたチラシ1万枚を、3市町の観光協会や道の駅ほか、福岡市や大分市の主なレンタカー会社にも配布。3市町の観光協会ホームページからでも登録できる。

 スマートフォンのGPS機能を使って観光客の動向も分かる仕組みになっており、同振興局地域振興部は「観光客の動きを分析し、今後の観光戦略にも生かしたい」と話している。同部=0973(23)5739。

=2018/09/25付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]