サッポロ日田工場で親子交通安全教室 園児がトラック乗車 [大分県]

トラックの運転席でハンドルを握る園児
トラックの運転席でハンドルを握る園児
写真を見る

 サッポログループ物流九州支社(日田市)の親子交通安全教室が10月31日、グループ会社のサッポロビール九州日田工場(同市)であった。同市の五和保育園の年長児25人が、保護者が見守る中、横断歩道の渡り方などを学び、トラックなどの乗車体験を楽しんだ。

 昨年秋から同支社が始めた地域貢献活動の一環で3回目。乗車体験で園児たちは、ビールなどを運ぶ大型トラックの大きさに驚き、運転席からは歩行者が見えにくい死角があることを確認。荷物を積み込むフォークリフトにも乗り、つめ(フォーク)を上下させて歓声を上げた。

 フォークリフトに初めて乗ったという橋本道人ちゃん(6)は「上げたり下げたりしたのが楽しかった」と満面の笑み。同支社の担当者は「来年小学生になる子どもたちの交通安全意識を高めるとともに、物流の仕事に興味を持つきっかけにもなれば」と話していた。

=2018/11/07付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]