5年連続、国家資格に全員合格 日田林工高の機械科3年40人 [大分県]

技能検定3級「機械検査」に合格した日田林工高機械科の3年生たち
技能検定3級「機械検査」に合格した日田林工高機械科の3年生たち
写真を見る

 日田市の県立日田林工高機械科の3年生40人全員が今年も、国家資格の技能検定3級「機械検査」に合格した。全員合格は2014年度から5年連続。同科主任の木下貴紀教諭は「“伝統”を止められないと、今年は特に意識した。誇れる伝統として今後も続けたい」と意気込んでいる。

 同科は「就職活動にも生かせ、生徒の自信にもつながる」として、1年生のときから「機械検査」のほか「機械保全」「機械加工」の3職種の3級取得を推奨している。14年度の3年生が「機械検査」に全員合格したのを皮切りに、15年度が「機械検査」と「機械保全」、16年度が「機械検査」、17年度が「機械保全」に全員合格した。

 今回も試験の1カ月前から放課後に補習を行ったり、生徒たちが自主的に集まって互いに教え合ったりしながら試験に備えてきた。その結果「機械検査」が全員、他の2職種も8割以上の生徒が合格。3職種全てに合格した生徒も30人以上に上り、このうち6人は「機械保全」で上級にあたる2級にも合格した。担任の杉崎亮介教諭は「先輩の背中を見てきたことも、生徒たちの力になったのでは」と話す。

 3職種の3級と「機械保全」の2級に合格した平野友盛さん(18)は「先生方に遅くまで指導をいただき、友達同士で助け合ってきたおかげ。就職先では資格を生かせる業務に就きたい」と希望に胸を膨らませた。

=2018/11/09付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]