サルの「ストライキ問題」次の一手は…大分市が有識者委で対応検討 [大分県]

サルが現れず、閑散とする週末の寄せ場=昨年11月、大分市
サルが現れず、閑散とする週末の寄せ場=昨年11月、大分市
写真を見る

 サルが山から下りてこない“ストライキ”問題に揺れる高崎山自然動物園について、園を所有する大分市は9日、有識者委員会で対応を検討する方針を明らかにした。約1200匹いるサルを800匹にするために餌を減らしてきたが、少量の餌にサルが関心を失いつつあり、佐藤樹一郎市長は「サルの数が今のままで良ければ、餌は豊富に与えられる。持続可能な管理の在り方を探りたい」と話している。

 園は高崎山管理公社が運営。昨春以降、餌をやる寄せ場にサルが姿を見せない日が増えており、2018年7~9月の来園者は例年より約1万5千人も減って約5万9千人になった。

 餌の減量は、大学教授らでつくる市高崎山管理委員会の01年の報告を受けて実施。管理委は周辺の“猿害”を考慮し、一時2千匹を超えていたサルを800匹に減らすよう提言した。順調にサルの数は減っていたが、減量に不満を募らせたサルが、餌の豊富な山奥に引きこもる事態を招く結果となった。

 2月から管理委で協議し、“ストライキ”防止に向け、サルの数の目標値や餌やり方法を含めた改善策を検討する。

=2019/01/10付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]