給食に「シカ肉鍋」 地元の高校生が考案 日田市内で提供 [大分県]

ジビエ料理を味わい、笑顔の子どもたち
ジビエ料理を味わい、笑顔の子どもたち
写真を見る
シカ肉を使った「仲良鹿鍋」
シカ肉を使った「仲良鹿鍋」
写真を見る

 野生鳥獣肉「ジビエ」に親しんでもらおうと日田市の前津江小と前津江中の給食で6日、地元の高校生が考えたジビエ料理が提供された。子どもたちは、食べ慣れないシカ肉を使った料理に恐る恐る箸を伸ばしたが、柔らかい歯ごたえを知ると「おいしい」と笑顔。会話も弾んでいた。

 提供されたのは、市内高校生によるジビエレシピグランプリで最優秀賞を獲得した「仲良鹿(なかよしか)鍋」。レシピを考えた昭和学園高生が「仲良く食べて」と願いを込めて名付けた。食物アレルギー表示が必要な卵や乳などの「特定原材料」7品目を使わない工夫をしている。シカ肉を初めて食べた桜木琴心(ことみ)さん(12)は「牛肉や鶏肉とは違う味だけれど、おいしい」と話した。

 鍋は、8日にも旧日田市内の小中学校と日田支援学校の給食で登場した。市などでつくる市ジビエ推進協議会は「ジビエ料理で、山の恵みを感じてほしい」と呼び掛けている。

=2019/02/09付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]