火山活発化で水銀噴出増 県内の研究班が阿蘇で関連解明 水蒸気爆発時に灰から高濃度 [熊本県]

地震計が捉えた中岳活動期の微動の波形(紫色)と、採取した火山灰の水銀値の折れ線グラフ(2014年11月~15年5月)。二つの変動が一致している

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]