総務次官に安田行政局長 旧自治省2代続く

 安田充氏
安田充氏
写真を見る

 総務省は19日、佐藤文俊事務次官(60)が退任し、後任に安田充自治行政局長(59)を充てる人事を固めた。近く首相官邸で開かれる人事検討会議を経て、7月上旬にも発令する。佐藤、安田両氏とも旧自治省出身で、同省組の次官が2代続けて就任する。

 安田氏は地方自治体の行財政制度に精通、人口減少や地域活性化が課題となる中、適任と判断した。

 総務省は2001年に自治、郵政、総務3省庁を統合して発足。当初は旧3省庁の出身者が順番に次官を務めたが、近年は旧自治省組の起用が増えている。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]