カジノ、マイナンバーで回数制限 依存症対策で政府

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の運営基準を検討している政府が、ギャンブル依存症対策として、日本人客にマイナンバーカードの提示を義務付け、カジノ入場回数を制限する案を検討していることが20日分かった。

 20日夕の有識者会議に提案し、了承されれば、今秋にも開かれる臨時国会への提出を目指すIR実施法案に反映させる。ただ現状ではカード所有者が少なく、実効性確保には普及が課題となりそうだ。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]