民進、臨時国会召集要求へ 憲法根拠、政府は消極的

 記者会見する菅官房長官=20日午後、首相官邸
記者会見する菅官房長官=20日午後、首相官邸
写真を見る

 民進党は20日の常任幹事会で「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設計画を巡り、文部科学省で新文書が見つかるなど疑惑が深まったとして、憲法に基づき臨時国会召集を政府、与党に求める方針を決めた。政府側が閉会中審査に応じない場合の措置。共産、自由、社民3党にも協力を呼び掛ける。一方、政府は閉会中審査などに消極的だ。

 蓮舫代表は常任幹事会で「安倍晋三首相は『指摘があれば説明責任を果たす』と言っていた。ぜひ果たしていただきたい」と強調。山井和則国対委員長は「臨時国会の開催要求に向け、週内にその動きを加速したい」と述べた。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]