ピコ太郎さんと国連でPR 岸田外相、開発目標巡り

 17日、ニューヨークの国連本部で「持続可能な開発目標」の17分野にちなんで、両手で「17」のポーズを決める歌手のピコ太郎さん(右)と岸田外相(中央)ら(共同)
17日、ニューヨークの国連本部で「持続可能な開発目標」の17分野にちなんで、両手で「17」のポーズを決める歌手のピコ太郎さん(右)と岸田外相(中央)ら(共同)
写真を見る

 【ニューヨーク共同】岸田文雄外相は17日夜(日本時間18日午前)、米ニューヨークの国連本部で開かれた日本政府主催のレセプションに歌手のピコ太郎さんと出席し、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」をPRした。SDGsは認知度アップが課題となっており、海外でも人気が高いピコ太郎さんにあやかった格好だ。

 レセプションでピコ太郎さんは自身の人気パフォーマンス「PPAP」に開発目標の内容を盛り込んだ歌とダンスを披露。SDGsが設定する貧困・飢餓の撲滅や、教育機会の確保など17の目標分野にちなみ、2人そろって両手で「17」を示すポーズを決めた。

西日本新聞のイチオシ [PR]

[高校柔道動画] 5人抜きオール1本勝ち!

4人抜きからの5人抜きオール1本で大逆転![高校柔道大会 金鷲旗女子決勝]

西日本新聞のイチオシ [PR]