3野党の党首会談中止 衆院解散対応を優先

 民進、自由、社民の3党は17日午後に予定していた党首会談の開催を中止した。安倍晋三首相が秋の臨時国会の早い段階で衆院を解散し、10月中の総選挙を検討する意向を与党幹部に伝えたことを踏まえ、衆院選への対応を優先させる。民進党関係者が明らかにした。

 3党首会談では、28日召集予定の臨時国会を前に、統一会派の結成を議題にする方針だった。民進党幹部は「解散になり状況が変わった。今、会派の話をしても意味がない」と述べた。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]