西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

前職3人、大阪10区で激戦 辻元氏「対話の政治に」

 前職3人が立候補し、激戦の様相を呈す大阪10区。民進党を離党し、立憲民主党に合流した辻元清美氏(57)は午前8時半すぎ、大阪府高槻市で街頭に立ち「排除と分断から包摂と対話の、まっとうな政治を取り戻す」と決意を語った。

 約100人の支持者が見守る中、濃紺のジャケットに身を包んだ辻元氏は選挙掲示板に自らの手でポスターを掲示。森友、加計学園問題で安倍政権の説明責任不足を追及してきた同氏は「情報公開をしっかりして、皆さんに判断してもらう当たり前の政治にする」と声を上げた。

 日本維新の会の松浪健太氏(46)は高槻市役所前で「右でもない左でもない、前に(進める)維新の改革。これこそが次の日本の在り方だ」と第一声。医師でもある自民党の大隈和英氏(48)は市役所前で自治体首長が駆け付ける中、「医療法改正など国民の命を守る政治に貢献してきた」と実績を強調した。

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]