西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

山口市長に現職の渡辺氏4選 元市議ら2新人破る

 任期満了に伴う山口市長選は29日投開票され、無所属現職の渡辺純忠氏(72)=自民、公明、民進推薦=が、ともに無所属新人の元市議有田敦氏(50)とNPO代表湊和久氏(58)を破り、4選を果たした。投票率は43・10%。

 2005年に5市町が合併、新市となった当時から持ち越されてきた市役所本庁舎の建設場所が主な争点。渡辺氏は現在地での建て替え計画を今年9月に発表した。

 渡辺氏は市内の施設で、集まった支援者を前に「山口に住んで良かったと思っていただける町づくりを進めたい」と抱負を述べた。市役所本庁舎問題に関し、新山口駅周辺の住民への説明を尽くす考えを示した。

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]