日エストニア首脳会談 サイバー攻撃対策で連携

 会談を前に、エストニアのラタス首相(左)と握手する安倍首相=12日、タリン(共同)
会談を前に、エストニアのラタス首相(左)と握手する安倍首相=12日、タリン(共同)
写真を見る

 【タリン共同】安倍晋三首相は12日午後(日本時間同日深夜)、欧州歴訪の最初の訪問国であるエストニアのラタス首相と、同国の首都タリンの首相府で会談した。2020年東京五輪・パラリンピックを見据え、IT先進国であるエストニアとのサイバー攻撃対策を巡る連携強化を確認した。

 日本の首相のエストニア訪問は初めて。安倍首相は会談で「北朝鮮問題をはじめとする国際社会の課題、ITやサイバーなど幅広い分野で連携を一層強化したい」と表明。エストニアを含むバルト3国との協力促進に向けた「日バルト協力対話」創設を提案した。

 核・ミサイル開発を進める北朝鮮への圧力強化でも一致。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]