小池氏後ろ盾の政治塾に幕 わずか5カ月、恨み節も

 自身が主宰する「輝照塾」で、あいさつする若狭勝元衆院議員=17日午後、東京都内
自身が主宰する「輝照塾」で、あいさつする若狭勝元衆院議員=17日午後、東京都内
写真を見る

 希望の党結党に先立ち、小池百合子東京都知事の後ろ盾を得て若狭勝元衆院議員が立ち上げた政治塾「輝照塾」が17日、最終講義を行った。若狭氏は終了後に「閉塾」を宣言。塾生から国会議員を輩出することなく、開講からわずか5カ月での幕引きに、参加者からは「大失敗だった」との恨み節も漏れた。

 輝照塾の船出は昨年9月16日。講師の小池氏が約200人の塾生に国政進出への期待を表明し、若狭氏も政治改革の必要性を訴えるなど熱気に包まれた。

 だが、その後の衆院選で希望は公示前の57議席を下回る50議席にとどまり、擁立した約30人の塾生全員に加え、若狭氏も落選した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]