首相、米軍高官と会談 北朝鮮問題で緊密連携を確認

 米陸軍のミリー参謀総長(左)と会談する安倍首相=19日午前、首相官邸
米陸軍のミリー参謀総長(左)と会談する安倍首相=19日午前、首相官邸
写真を見る

 安倍晋三首相は19日、米陸軍制服組トップのミリー参謀総長と官邸で会談した。北朝鮮の核・ミサイル開発問題で、日米両国が緊密に連携して対処する方針を確認。日米同盟を一層強化することを申し合わせた。

 首相は会談の冒頭で「北朝鮮情勢が緊迫の度合いを高めており、トランプ大統領と現状を分析している」と説明。トランプ氏やペンス副大統領との会談を踏まえ「日米が歩調を合わせて北朝鮮問題に対応し、日米同盟は揺るぎないと世界に示すことができた。今後も対処力、抑止力を高めていきたい」と強調した。

 ミリー氏は「北朝鮮問題へ対処できるよう、日米韓3カ国で取り組みたい」と応じた。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]