首相「国民に深くおわび」 麻生氏続投させる考え

 財務省理財局による決裁文書改ざんを巡り記者対応し、一礼する安倍首相=12日午後、首相官邸
財務省理財局による決裁文書改ざんを巡り記者対応し、一礼する安倍首相=12日午後、首相官邸
写真を見る

 安倍晋三首相は12日、学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る決裁文書改ざん問題について「行政全体の信頼を揺るがしかねない事態であり、行政の長として責任を痛感している。国民に深くおわびする」と陳謝した。麻生太郎副総理兼財務相は辞任する必要はないとの認識を示した。官邸で記者団に語った。

 同時に「なぜこんなことが起きたのか、全容を解明するため調査を進めていく。麻生氏には、その責任を果たしてもらいたい」と強調。「全てが明らかになった段階で、二度とこのようなことが起きないよう、信頼の回復に向け、組織を立て直していくために全力を挙げて取り組んでもらいたい」とした。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]