政治とのつながり全て削除 「特例的」「価格提示」も

 財務省の調査結果で報告された書き換え前の文書。書き換え後には安倍昭恵首相夫人に関する記載が削除された
財務省の調査結果で報告された書き換え前の文書。書き換え後には安倍昭恵首相夫人に関する記載が削除された
写真を見る

 財務省が12日に公表した森友学園に関する決裁文書の改ざんは計14文書に及ぶ。政府は理財局長だった佐川宣寿氏の国会答弁との矛盾を避けるための「書き換え」と主張するが、政治とつながりがある部分は全て削除し、「特例的」という表現のほか、「価格提示」といった重要なポイントも多くが削られていた。

 改ざんが確認されたのは、学園に国有地の売却を前提とした貸し付けのため2015年2、4月に作成した「特例承認の決裁文書」が二つ。15年4、5月作成の「貸付決議書」が二つ。16年6月作成の「売払決議書」が一つ。残り九つはこれを反映させる形だった。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ボートレース3連単直前予想

西日本新聞のイチオシ [PR]