18歳成人、国会議論へ 明治以来の「大人」の定義変更

 民法と関連法の改正案のポイント
民法と関連法の改正案のポイント
写真を見る

 政府は13日、成人年齢を20歳から18歳に引き下げ、女性が結婚できる年齢を16歳から引き上げて男女とも18歳とする民法改正案と、関連法の改正案を閣議決定した。成立すれば、民法が制定された明治時代以来続く「大人」の定義が変わる。民法改正案には、相続分野で故人の配偶者を優遇する規定も盛り込んだ。

 成人年齢引き下げは、2022年4月1日施行を目指す。成人が要件の資格取得など各分野に影響が出そうだ。飲酒と喫煙のほか、競馬、競輪など公営ギャンブルは20歳未満禁止を維持し、各法で必要な手直しをする。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ボートレース3連単直前予想

西日本新聞のイチオシ [PR]