麻生財務相、改めて辞任否定 「原因究明が仕事」

 閣議を終え、記者の質問を聞く麻生財務相=13日午前、首相官邸
閣議を終え、記者の質問を聞く麻生財務相=13日午前、首相官邸
写真を見る

 麻生太郎財務相は13日の閣議後の記者会見で、森友学園を巡る財務省の決裁文書改ざん問題を受けた自身の進退に関し「原因究明と再発防止が大臣として与えられた仕事」と述べ、改めて辞任を否定した。

 改ざん前の文書の存在を知ったのは今月11日と説明し、「誠に遺憾」と謝罪した。その上で、大阪地検で進行中の捜査に「全面的に協力することが大切」と強調。「信頼回復に努めるのが与えられた仕事だ」と述べた。

 安倍昭恵首相夫人の名前が削除されていたことについては「相手がどのような方でも、それによって法令を変えるわけではない」と釈明した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]