下村氏、セクハラ録音は「犯罪」 撤回し謝罪、報道批判も

 自民党の下村博文元文部科学相
自民党の下村博文元文部科学相
写真を見る

 自民党の下村博文元文部科学相は、セクハラが疑われている福田淳一財務事務次官の発言をテレビ朝日の女性社員が録音し、週刊誌に渡したことについて「ある意味で犯罪だ」と22日の講演会で述べた。共産党機関紙「しんぶん赤旗」が23日付朝刊で一部を報じ、音声データを同日公表した。下村氏は「表現が不適切だった。撤回し謝罪する」とのコメントを出した。講演では「国家をつぶす」などとメディア批判も展開した。

 共産党の小池晃書記局長は記者会見で「告発した被害者を犯罪者扱いしている。徹底的に追及する」と批判した。他の野党も問題視している。

 講演は東京都内で開かれた。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]