太平洋・島サミット、18日開幕 海洋インフラ整備強化へ

 日本政府が太平洋の島しょ国首脳らを招いて地域の課題を議論する「太平洋・島サミット」が18日、福島県いわき市で開幕する。島しょ国の多くが、広大な排他的経済水域(EEZ)を有しながら港湾などの海洋インフラが脆弱な事情を踏まえ、「質の高いインフラ」の整備を得意とする日本との協力強化を共同宣言に盛り込む方向で調整。自由で開かれた海洋秩序の重要性も明記する方向だ。

 安倍晋三首相は関連行事を通じ、気候変動や防災など島しょ国が重視する分野で継続的な支援を約束し、持続可能な発展を後押しする方針。日本企業による投資や人的交流を推進する意向も表明する。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]