働き方法案、25日採決へ 衆院、厚労委員長解任案を否決

 安倍政権が最重要法案と位置付ける働き方改革関連法案を巡り、衆院厚生労働委員会は24日の理事懇談会で、25日午前に質疑を実施し、採決する日程を高鳥修一厚労委員長(自民党)の職権で決めた。月内に衆院を通過する見通しが強まった。与党は今国会での成立を図り、野党は加藤勝信厚労相の不信任決議案提出も視野に徹底抗戦する構えだ。

 これに先立ち、衆院は24日午後の本会議で、野党が提出した高鳥委員長への解任決議案を与党などの反対多数で否決した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]