G7サミット閉幕、関税下げ宣言 トランプ氏「承認せず」

 G7サミットの拡大会合で、記念写真に納まる安倍首相(後列中央)と各国首脳ら=9日、カナダ・シャルルボワ(代表撮影・共同)
G7サミットの拡大会合で、記念写真に納まる安倍首相(後列中央)と各国首脳ら=9日、カナダ・シャルルボワ(代表撮影・共同)
写真を見る
 G7サミットで、トランプ米大統領(右端)に向かい、机に手を置いて討議するドイツのメルケル首相(中央左)。メルケル氏の横で腕組みする安倍首相=9日、カナダ・ケベック州(ドイツ政府提供、AP=共同)
G7サミットで、トランプ米大統領(右端)に向かい、机に手を置いて討議するドイツのメルケル首相(中央左)。メルケル氏の横で腕組みする安倍首相=9日、カナダ・ケベック州(ドイツ政府提供、AP=共同)
写真を見る

 【シャルルボワ共同】先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)は9日午後(日本時間10日未明)、カナダ東部シャルルボワでの2日目の討議を終え、首脳宣言を採択して閉幕した。宣言は議長国カナダが発表し、自由で公正な貿易の実現に向け「関税の引き下げに努力する」と指摘した。しかし、トランプ米大統領は閉幕後、カナダのトルドー首相の発言に反発し、首脳宣言を承認しないように指示したとツイッターで表明した。

 米国が発動した鉄鋼などの輸入制限に反対する日本など6カ国は、トランプ氏の主張を反映したが、G7の崩壊の危機は脱せなかった。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]