党首討論の定例開催をと小泉氏ら 超党派会議が提言

 「平成のうちに衆院改革実現会議」の総会に臨む自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長=12日午後、国会
「平成のうちに衆院改革実現会議」の総会に臨む自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長=12日午後、国会
写真を見る

 小泉進次郎自民党筆頭副幹事長らによる超党派の「平成のうちに衆院改革実現会議」は12日、衆院の国会改革について、党首討論の2週間に1回の定例開催を柱とする提言をまとめた。タブレット端末の導入による審議のペーパーレス化と、妊娠・出産で出席できない女性議員の代理投票を認めることも盛り込んだ。衆院議長や議院運営委員長に近く申し入れる。

 小泉氏は記者会見し「今の国会はおかしいという国民の声が、世の中を変える大きな力になる。与野党で今回共有した熱を高めていきたい」と述べた。

 提言は、今国会で2回しか開かれていない党首討論について定例化を主張した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]