安倍首相、総裁連続3選に意欲 9条改憲「大きな責任」

 地元の山口市で開かれた自民党山口県連の集会であいさつする安倍首相=11日午後
地元の山口市で開かれた自民党山口県連の集会であいさつする安倍首相=11日午後
写真を見る

 安倍晋三首相(自民党総裁)は11日、地元の山口市で開かれた党集会で、9月の総裁選について「6年前に出た時の志はみじんも変わることはない。志を支える気力、体力が十分かを最終的に判断していきたい」と述べ、連続3選へ向けた立候補に意欲を表明した。憲法9条に自衛隊を明記する改憲の実現に関しても「大きな責任を持っている」と決意を強調した。

 石破茂元幹事長は10日に出馬を正式表明しており、6年ぶりの選挙戦が一騎打ちで展開される見通し。憲法改正や地方創生、政治主導の在り方などが論点となりそうだ。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]