石破氏「えこひいきない政府に」 政治姿勢を対立軸として強調

 自民党総裁選に立候補表明した石破茂元幹事長は12日のTBS番組で、安倍晋三首相の森友、加計学園問題を巡る対応を念頭に「正直、公正」な自らの政治姿勢を対立軸とする考えを強調した。「政府が国民に信用されなければ何も始まらない。(今の政府は)えこひいきがないだろうか、ということだ」と述べた。

 憲法9条改正を巡り、戦力不保持を定めた2項を維持したまま自衛隊を明記する案を首相が提起したことに関し「(2012年の)自民党案と全く違う考えを突然言う。一体何なんだ。丁寧さがなければいけない」と批判した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]