首相、2カ月ぶりゴルフ 臨時国会控え、気分転換

 ゴルフを楽しむ安倍首相(左)=21日午前、神奈川県茅ケ崎市
ゴルフを楽しむ安倍首相(左)=21日午前、神奈川県茅ケ崎市
写真を見る

 安倍晋三首相は21日、神奈川県茅ケ崎市のゴルフ場で秘書官と趣味のゴルフを楽しんだ。夏休み期間中だった8月21日以来、2カ月ぶりのプレーとなった。欧州3カ国歴訪から今月20日に帰国した。24日召集される臨時国会を控え、休日を利用して気分転換を図ったようだ。

 晴天の下、紺の長袖シャツと白のズボン姿の首相はリラックスした様子。記者団から調子を問われると「いいですよ。天気も良く、富士山も見えて気持ちいい」と笑顔で応じた。臨時国会や25日からの中国訪問に向けては「太陽を浴びて時差調整もしたので、体調も万全だ」と述べた。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]