中期防、大型水中ドローン開発へ 新大綱含め来月18日決定

 防衛省は、新たな防衛力整備の指針「防衛計画の大綱」とともに策定する中期防衛力整備計画(中期防)に、海中を自動航行して情報収集する大型の水中ドローン(無人潜水機)の開発方針を明記する意向を固めた。政府筋が4日、明らかにした。高い警戒監視能力を持ち、島しょ防衛強化の目玉装備と位置付ける。新大綱にも「無人装備の活用推進」と盛り込む方向だ。いずれも12月18日の閣議決定を目指す。

 防衛力整備について防衛省は、水中ドローンなど自衛隊員が搭乗しない無人装備を重視。沖縄県・尖閣諸島周辺を含め海洋進出を図る中国に対し、警戒監視能力を高める必要性に迫られていることが要因。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]