岩屋防衛相と沖縄県知事が会談 辺野古移設巡り平行線

 岩屋防衛相(左)と会談し、沖縄県の基地負担軽減などに関する要望書を手渡す玉城デニー知事=10日午前、沖縄県庁
岩屋防衛相(左)と会談し、沖縄県の基地負担軽減などに関する要望書を手渡す玉城デニー知事=10日午前、沖縄県庁
写真を見る

 岩屋毅防衛相は10日午前、沖縄県の玉城デニー知事と県庁で会談し、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古移設を目指す政府の立場を説明し、理解を要請した。玉城氏は移設に反対する意向を伝え、議論は平行線をたどった。双方は、対話継続の必要性では一致した。

 岩屋氏が防衛相就任後に沖縄県を訪れるのは初めて。辺野古沿岸部の埋め立て関連工事を再開した政府と、工事に反発する県との溝の深さが浮き彫りになった形。落としどころは見えず、対立は続きそうだ。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]