賠償金据え置きで衆院通過へ 原賠法改正案、修正は否決

 衆院文部科学委員会は21日、現行で最大1200億円となっている原発事故前に備える賠償金(賠償措置額)を据え置いた原子力損害賠償法改正案を自民、公明、国民民主などの賛成多数で可決した。近く衆院を通過する見通し。野党側は賠償措置額の引き上げなどを求める修正案を出したが否決された。

 改正案では、賠償措置額の引き上げは見送り、電力会社の賠償責任に上限を設けない現行の「無限責任」や、事業者が過失の有無にかかわらず賠償責任を負う「無過失責任」は維持した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]