沖縄知事、土砂投入の辺野古視察 「絶対に諦めない」と決意

 沖縄県名護市辺野古で開かれた、埋め立て用の土砂投入に抗議する集会で気勢を上げる玉城デニー知事(右端)=15日午前
沖縄県名護市辺野古で開かれた、埋め立て用の土砂投入に抗議する集会で気勢を上げる玉城デニー知事(右端)=15日午前
写真を見る

 沖縄県の玉城デニー知事は15日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先、名護市辺野古の土砂投入現場を視察し「県として取り得る対抗手段はしっかり講じていく」と強調した。記者団に語った。視察に先立ち、現場で抗議活動を続ける反対派の市民らの集会に参加し「対話はこれからも継続するが、対抗すべき時は対抗する。勝つことは難しいかもしれないが、絶対に諦めない」とあいさつした。政府は15日午前、辺野古沿岸部で土砂投入を続行した。

 玉城氏は視察後、記者団に「現場に来ると、この異様さに胸をかきむしられるような気持ちにさせられる」と不快感を表明した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]