ロシア外相、主権容認を要求 「北方領土」名称変更も迫る

 河野太郎外相との会談後に記者会見するロシアのラブロフ外相=14日、モスクワ(AP=共同)
河野太郎外相との会談後に記者会見するロシアのラブロフ外相=14日、モスクワ(AP=共同)
写真を見る

 【モスクワ共同】ロシアのラブロフ外相は14日、河野太郎外相との会談後の記者会見で、南クリール諸島(北方領土)がロシア主権下にあることを含め第2次大戦の結果を日本が認めない限り、平和条約締結交渉の進展は困難との考えを示した。「日本が国内法で『北方領土』と規定していることは受け入れられない」と述べ、名称変更も迫った。

 また、安倍晋三首相が北方領土の返還を前提にロシア人の島民に帰属変更への理解を求める趣旨の発言をしたことについて「受け入れがたい」と批判した。

 さらに、両国間の査証(ビザ)制度撤廃を要求。まずサハリン州と北海道の間でのビザなし往来実現を提案した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]