小泉元首相「話は短く」と助言 ポスト安倍候補に

 小泉純一郎元首相は14日のTBS番組収録で、安倍晋三首相の後継「ポスト安倍」候補に対し、注目を集める話し方について「大事なのは短く、分かりやすく言うことだ」と助言した。首相時代、端的なフレーズを繰り返す話法で「ワンフレーズ・ポリティクス」と呼ばれた。

 石破茂元幹事長に関し「はっきり話した方がいい。歯切れが悪い」と批評。岸田文雄政調会長は「頭の良い人が分かりやすく話すかというと、そうでもない」と指摘した。次男・進次郎氏には「あいさつは3分以内に収めろ」と指導していることも紹介。「首相になりたい気持ちはあると思う」と語った。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]