立候補したのは?

神谷 貴行(かみや たかゆき)

48歳 新人 無所属 

公約

400億円とされるロープウエー計画を中止、非正規の若者への家賃補助や子育て支援、高齢者乗車券の拡充など市民の暮らし応援と福祉に税金を使う。地元の小規模企業の仕事と雇用を増やし、地域でお金を循環させる。「8時間働けば・年金があれば誰でも普通に暮らせるまち」を目指す。

経歴

愛知県西尾市出身。1995年から共産党東京都委員会職員。現在は党福岡市議団事務局長。自治会長など歴任。「“町内会”は義務ですか?」など5冊の著書がある。福岡市西区周船寺。京大卒。

神谷さんの考え人柄「レシピの奴隷」を詳しく知る

高島 宗一郎(たかしま そういちろう)

44歳 現職 無所属 

公約

(1)アジアの「玄関口」として九州の成長に貢献 (2)地域ごとの多彩な個性を生かしたまちづくり (3)規制緩和による創業や雇用の創出 (4)教育環境の向上や女性活躍促進 (5)誰もが安心して暮らせるユニバーサル都市の推進 (6)地域が絆で結ばれた安全で快適なまちづくり (7)持続可能な行財政運営の推進

経歴

大分市出身。1997年、九州朝日放送(KBC)に入社し、情報番組のキャスターなどを担当。2010年の市長選で初当選し、14年に再選。福岡市中央区大濠。独協大卒、九大大学院中退。

高島さんの考え人柄「強者にはこびない」を詳しく知る

福岡市長選挙のギモン

ニュース

福岡市長3選の高島氏 最多得票更新「率直にうれしい」 「子育てや福祉に注力」

2018年11月20日 6時0分
当選から一夜明け、記者会見で質問に答える高島宗一郎氏

 18日投開票の福岡市長選で3選を果たした高島宗一郎氏(44)は19日、市役所で報道陣の取材に応じた。選挙戦を通じて「子ども、高齢者、障害者からの期待感が大きいと感じた。聞いた声を一つでも多く実現したい」と述べ、3期目の優先課題として子育てや福祉分野に力を入れる考えを示した。

続きを読む

記事一覧

Poliiloq×西日本新聞

福岡市長選アプリで議論 特設ページを開設 大学生ITベンチャー

2018年10月15日 06時00分

 11月4日告示、18日投開票の福岡市長選に合わせ、大学生ITベンチャー「PoliPoli」(相模原市)が、スマートフォンアプリ「ポリポリ」内に特設ページを開く。利用者同士が福岡市の課題を議論できるほか、候補者が登録すれば、利用者との質疑も可能になる。9月の沖縄県知事選で同様の取り組みをしたところ、立候補した4人のうち3陣営が質問に答えてくれたという。ネットを使った新たな政治参加の手法として注目されそうだ。続きを読む

西日本新聞は福岡市長選に関連する記事をPoliPoliに提供しています。

PoliPoliアプリダウンロードは
こちらから

新市長に言いたい!聞きたい!

西日本新聞の公式LINEに寄せられた市民の声より。

  • 福岡市内はバスが起因している渋滞がかなり多く感じる。市と西鉄がよく話し合って、バス停の調整や台数、車両の大きさを考慮してほしい。(58歳男性)
  • 保育士確保のために家賃などの手厚い補助があるが、企業で働く非正規社員にも補助してほしい。派遣社員の時給は安くギリギリの生活です。(40代女性)
  • 外国人観光客のマナー、街路樹のせん定など事細かなことに対しての取り組みがない。ウオーターフロント、天神、博多だけが福岡市やないとばい。(62歳男性)
  • 3ヶ月に一度くらいで直接、市長と市民がいろいろ意見交換をする場所を設けるなどすると、さらによい街づくりができると思う。(16歳男性)
  • 障害者支援員が3年以上同一施設で勤務した場合は、正規職員にするという規則を作ってほしい(女性)
  • 保育園や学童保育、学校にも目を向けて。待機児童ゼロを実現するためホールを部屋にしている公立保育所もある。現場をまず見てほしい。(40代女性)
  • 市の財政赤字の改善はどのように考えているのか? 私企業なら従業員の給与カットをしてでも改善を図ると思うが。(69歳男性)
  • 福岡市はペット同伴の宿泊施設が少なすぎる。市営ドッグランが各区にない。何とかならないの?(47歳女性)
  • 東アジアの中核都市を目標に、とりわけて芸術的文化的な政策を展開すべき。芸術文化の薫る都市は、非常に魅力的です!(64歳男性)
  • 築港にロープウェイを造るのは危ない。街の中では下を走る車が見上げたりしたら事故発生の恐れあり。ロープウェイは山の方がいい。(70歳男性)

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]