ラーメン店に「とんこつ風呂」!? 鳥栖市に撮影スポットお目見え [佐賀県]

清陽軒の「とんこつ風呂」で写真を撮る来店者=21日、鳥栖市轟木町
清陽軒の「とんこつ風呂」で写真を撮る来店者=21日、鳥栖市轟木町
写真を見る

 鳥栖市轟木町の久留米ラーメン「清陽軒」ライフガーデン鳥栖店に21日、ラーメンの器に人間が入ったように見える撮影スポット「とんこつ風呂」が登場した。年内の設置予定で、23日まで撮影した1日先着100人にラーメン1杯の半額券を配っている。

 とんこつ元祖といわれる久留米ラーメンは、1937年に福岡県久留米市の屋台が始まりとされ、誕生80年を迎えた。52年創業で同市諏訪野町に本店を置く清陽軒が節目の年を盛り上げようと企画したのが、とんこつ風呂。来店者は早速「いい湯だな」「極楽」などと書かれたパネルを手に記念撮影していた。

 東京から帰郷し、娘や友人と“入浴”した女性(29)は「かわいい。すぐにSNS(会員制交流サイト)にアップしたい」と楽しんでいた。古川秀希社長(55)は「ひとっ風呂浴びてラーメンを味わってほしい」と話している。

=2017/04/22付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]