精煉方跡の民有地取得へ 保全へ本格的発掘調査 佐賀市 [佐賀県]

公益財団法人鍋島報效(ほうこう)会が所蔵する精煉方の絵図
公益財団法人鍋島報效(ほうこう)会が所蔵する精煉方の絵図
写真を見る

 佐賀市は、幕末佐賀藩が設置した科学技術研究所「精煉方(せいれんかた)」跡(同市多布施3丁目)の民有地を取得する方針を明らかにした。市有地化し、施設の解明や保全に向けた本格的な発掘調査を進める。

 市が12日の市議会文教福祉委員研究会で報告した。市教育委員会によると、精煉方は佐賀藩が1852年に設置。蒸気船や蒸気機関車のひな型の製作、大砲製造に必要な薬剤や硝煙の研究、実験をしていた。

 市は2009年度、世界文化遺産の候補リストに挙がった「九州・山口の近代化産業遺産群」(当時)の構成資産入りを目指し、精煉方跡▽国内初の洋式鋳鉄製大砲を製造した「築地(ついじ)反射炉」跡▽幕府から大量受注した大砲を製造した「多布施反射炉」跡▽海軍基地「三重津海軍所」跡-の4遺産の発掘調査を開始。しかし精煉方跡と多布施反射炉跡は民有地で十分な調査ができず、中断していた。

 取得予定地は1万6800平方メートルで地権者は複数の個人。昨年11月に地権者の一部から売却の相談があり、協議中だという。市は9月の市議会定例会に取得のための議案を提出する予定。市教委文化振興課は「日本の近代化を考える上で歴史的価値が高く、適切な保全が必要だ」としている。

=2017/05/19付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]