大賀ハス咲き始め 吉野ケ里歴史公園 [佐賀県]

吉野ケ里歴史公園で咲き始めた大賀ハス
吉野ケ里歴史公園で咲き始めた大賀ハス
写真を見る

 吉野ケ里歴史公園(吉野ケ里町、神埼市)で大賀ハスが咲き始めた。見頃は6月下旬以降となる見通し。

 大賀ハスは千葉県で実が約2000年前の地層から発掘された古代ハスで「二千年ハス」とも呼ばれている。

 2015年に、大賀ハスを栽培していた熊本国府高(熊本市)から地下茎を譲り受け、同公園が育てている。担当者によると、今年は植え替えをしたため例年より開花が遅れており、18日は4輪咲いたという。来園者はピンク色のグラデーションが美しい花やつぼみを眺めたり、写真に収めたりして楽しんだ。

 佐賀市兵庫町の45歳の女性は「ピンク色がかわいい。見頃になったらまた来たい」と話した。

=2017/06/19付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]