総がぶりや祇園旗廻り 22、23日に鳥栖山笠 [佐賀県]

新調した祇園旗廻りの優勝旗を披露し、鳥栖山笠をPRする奉賛会のメンバー
新調した祇園旗廻りの優勝旗を披露し、鳥栖山笠をPRする奉賛会のメンバー
写真を見る

 鳥栖市の夏の風物詩「鳥栖山笠」が22、23両日、同市の中心市街地で開かれる。6基の山車を一斉に勢いよく揺り動かす「総がぶり」や、旗の周りを1周してタイムを競う「祇園旗廻(まわ)り」で街を盛り上げる。

 博多祇園山笠にならって1928年に始まったと伝わる。地元の区長などでつくる鳥栖山笠奉賛会が毎年主催し、八坂神社(鳥栖市本町)の氏子を中心に総勢約1500人が参加。町区ごとに6基の山車が順番に神社を出発し、市街地を巡る。今年は京町地区が先頭の1番山を務める。子どもたちによる「子供山」もある。

 今回から、祇園旗廻りは1位の町区に優勝旗を贈呈。来場者が1位の山を予想する催しもあり、当たると抽選で記念品がもらえる。

 両日とも午後1時出発。総がぶりは午後1時半ごろ、鳥栖本通筋商店街で。祇園旗廻りは22日のみ、午後1時40分ごろに中央公園で開催。

=2017/07/14付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]